③芸人とインターネットのススメ

鮮度がモノをいう情報時代で、物を言う

お笑い芸人。緻密なマーケティングの上で際立たせるキャラクターと下積みで覚えていく芸事も今は昔。

 

それよりも思った事を思った様に演り、一か八かの大勝負で瞬間最大風速を狙うのが「需要と供給」のトレンドになりつつある。

 

もはやテレビや劇場だけが芸人の発信源ではない。SNSでは自らのプロモーションでキャラを周知させようとするし、YouTubeやツイキャスでは企画やトーク力を披露し、少しでもフォロワーやビュアーを増やそうとする。

 

芸人らの創意工夫に頭が下がると同時に、ギョーカイの弱肉強食が公な数字の大小となって現れるのは残酷でもある。

 

勿論、数字だけではない。

ネット上で不特定多数に発信をするということは、不特定多数からの返信を受け容れる覚悟も求められるということでもある。

 

見ず知らずの相手に「暴言」という名の凶器で頭をブン殴られることもある。やり返したところで「お前はツマラナイ」と一見すると正論の様な個人の感性を吐露してくる。

 

虚しい。なぜなら相手は通りすがりの誰かであり、バーチャルで反論をしたところでリスクを負うのは実体がある側の言霊なのだ。考えれば考えるほど腑に落ちない。

 

芸人はプロボクサーに喩えられる事がよくある。芸に対するストイックさ、真剣勝負の力強さ、ちょっと抜けていて憎めないトコロ、共通項は人によって色々あるだろう。

 

ただ、今を生きる芸人とプロボクサーの共通点は「シロート相手にやり返したら負け」という不条理さなのかもしれない。

 

名も無き偶像を相手にした時点で、自己プロデュースは崩壊する。過激な言動は言質を取られ、悪意を以って晒し者にされる。

 

事情を理解し、同情してくれるのは数多のフォロワーだが、それ以外の浮遊層からはレッテルを貼られる。

 

メディアもまた同じである。

今の時勢、芸人にコンプライアンスや社会常識を求めるテレビマンは居ても、若手芸人の過激な言動を面白がって調理出来るディレクターやプロデューサーは少ない。

 

無責任な偶像の言葉に耳を貸してはいけない。笑えない偶像を相手に笑えない反論を振りかざすのは即ち、現代社会の芸人の嗜みとして「負け」である。